債務整理するなら弁護士事務所がおすすめな理由

 

良い弁護士事務所の選び方

弁護士は当事者に代わって訴訟代理権を有しているので、借金返済額に関して金融機関と裁判所での決定権も有しています。

WEB上には、多数の弁護士事務所がありますが債務整理専門に取り扱い、その事務所の特徴や債務整理について細かい説明や解説がされているのかをチェックします。

取扱案件が多く、債務整理の実績が多い事務所を選びましょう。

また借金問題に関して無料相談を設け、費用についても細かく記載している事務所がいいです。

弁護士と司法書士はどちらがいい?

弁護士には当事者に代わって訴訟代理権がありますが、司法書士にはないので裁判所で決着しなければならない自己破産や民事再生は、当初から弁護士に依頼する方がメリットが大きいです。

司法書士は書類作成のみ行うので任意整理の依頼にはいいでが、自己破産や民事再生を司法書士に依頼した場合訴訟代理権がないので、依頼者本人が裁判所へ出向くことになります。

裁判所では難題を要求されることがあり、その対応には大変難しいものがあります。

このような理由から裁判所の判断が必要になる自己破産や民事再生は当初から弁護士に依頼する方がいいです。

また、弁護士以外代理人と認められていない地方裁判所では、弁護士費用が高額なので借金問題早期解決に向けて金融機関側から退く場合が多く、依頼者にとってメリットになります。

反対に簡易裁判所では裁判が長引く可能性があります。

弁護士費用

複雑な仕事量が多いので弁護士費用は高額です。事務所によっては分割払いに対応しているところもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket