借金返済の一本化に銀行は消極的って本当?その理由とは!?

 

銀行の一本化審査が厳しい理由

多重債務者にとって、借金を一本化するのは借金完済への第一歩ですよね。

一本化は金利が安い銀行で申し込むのがいいと言いますが、銀行の一本化はなかなか難しいものがあります。

なぜなら、銀行の審査は厳しくて一本化に消極的だからです。

銀行が一本化の審査に厳しい理由は、一本化を考えている人は借金の完済が難しい人も多いからです。

金貸しは慈善事業ではないので、借りたお金は返してくれないと銀行は破綻します。

一本化をするという事は少なからず借金返済に困っているという事です。

そのため、銀行は一本化をしたい人の勤務歴や職業などを細かく見て、返済できそうか判断します。さらに今までの返済歴なども審査したりなどもあるので、一本化の審査は時間がかかります。

一本化は銀行にとって大きな利益を生むので一本化を受け付けはしますが、限られた人しか審査は通りません。

一本化に積極的な銀行を探すべし

それでも銀行は金利が安いので、一本化をするならば消費者金融よりも銀行がおすすめです。

そして、銀行でも一本化に積極的なところもあります。

それがネット銀行などの、比較的新しくできた銀行です。

また、地方銀行は一本化に積極的という情報もあります。

大手の銀行よりも、こういった小さい銀行やネット銀行などを一本化で調べていくと、調べやすいかもしれません。

消費者金融よりも銀行は金利が安いので、まずは銀行で一本化を考えて、それでもダメならば消費者金融で一本化を考えるとスムーズに一本化する会社を選べます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket