債務整理したら住宅ローンが通らないのは嘘?

 

住宅ローンが組めない期間とは?

債務整理をするとその人の信用がなくなってしまうため、住宅ローンが一生組めなくなると考えている人はいますが、それは嘘です。

債務整理をしても住宅ローンは組めます。しかし、住宅ローンが組めない期間というものもあります。

債務整理にも色々と種類があります。ある程度の借金は返済する手続きであったり、利息を計算して借金を減らすという軽度の手続きもあります。

また、借金を全て返済しないという手続きもあったりなども全て債務整理と言います。どのくらい借金を返済するかで信用情報に差があるため、住宅ローンが組めない期間というのも手続きで差があります。

5年、7年、10年などある一定の期間が債務整理でブラックリストに載る期間となり、その間は住宅ローンは組めません。

しかし、それを過ぎると住宅ローンの審査が受かって住宅購入できるようになります。

配偶者がブラックリスト!住宅ローンは組める?

まだブラックリストに載っている期間でありますが、マイホームを購入したい時ってありますよね。

消費税の増税前だったり、家族が増えたなどです。もしブラックリストに載っている時に住宅ローンを組みたければ、あなたは組めなくても配偶者が組めます。

配偶者にはあなたのブラックリストの情報は反映しないため、配偶者でローンを組めばなんら問題はありません。

ただし、配偶者が正社員で働いていたりなどの収入は必要なので、配偶者で審査が通ればの話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket